渓流では、どんな天気の日が良く釣れる?

川べりの雨の中 渓流のルアーフィッシング
渓流でよく釣れる天気は

僕も含めてほとんどの人はそうだと
思いますが、やっぱり天気の良い日に
釣りに行きたいですよね。

ですが、実は魚が良く釣れるのは、雨や
曇りの日なんです。

理由その1

雨が降ると水が濁ります。しかも水面は
落ちてくる雨粒で乱れて水中からの
視界が遮られます。

さらに雨のたてる音で、人の気配を消して
くれます。

普段は用心深いイワナやヤマメたちも
警戒心が薄れてしまい。その事で普段より
良く釣れる事になります。

普段より大胆になってくれることで
アングラーには有利に働きます。

理由その2

気圧が下がることで、魚の浮袋が大きく
なり、魚は気圧の高い時より泳ぎやすくなる
と言われています。

普段は追いきれないルアーの動きに
気圧の低い天気の良くない日には
いつもより素早く泳ぎ、ルアーに
ヒットする確率も上がりってきます。

これは、普段あまり泳ぎの得意でない
イワナの場合、顕著に表れます。

アマゴやヤマメのような素早い泳ぎを
する魚はさらに活発に動くようです。

そのルアーを追いかけまわす様は
けっこうエキサイティングですね。

理由その3

水の流れが激しくなると、岩も少し
大きな石も流され、土がむき出しに。

そこで、土が掘り返されたりして、
エサになるミミズなどが良く流れてくる。

魚はそのおかげで活発にエサを求めて
動き回るようになる。

活性が上がることで、ルアーに対しての
反応も自然と上がってくる。

理由その4

太陽が出ていないことで、アングラーの
影が出ません。

影が水面に映らない事で魚の警戒心が薄れ
釣れやすくなる。

天気の良い日は、水面に映る影だけでも、
魚は警戒して逃げます。

そして、逃げた魚は用心してルアーを
追いかけるような行動は控えます。

それが曇りや雨の日は影が水面に映らない
ので、これがアングラーにとっては
有利に働きます。

理由その5

溪流の魚というのは、高い水温が苦手
です。雨が降ることで、その水温を
下げられます。魚にとって快適な
水温になる事で活性が上がるということです。

具体的にはイワナやヤマメは快適な
水温というのは、その生息している
エリアにより多少の上下はありますが
一般的に7度から18度とされています。

理由その6

雨で水面がたたかれることにより、
水中の酸素濃度が上がります、これも
魚にとっての良い環境になることの一つです。

釣れる理由が6つも

以上、釣れる原因を考えると、4つもの
要因があると考えられます。

これはとてもアングラーにとっては
有利な点で、とりわけ警戒心を下げる
という事が一番のメリットかなと思われます。

普段は用心深いイワナやヤマメが
警戒心が薄れアングラーの気配を
感じることができず
さらに普段より気持ちよく泳げるというのは
相当なアドバンテージだと思います。

ただし天気の悪い日というのは
危険も伴います。あまり激しく降ってくると
釣りをしているどころではなくなりますし。

場所によっては鉄砲水、土石流などの
自然災害に遭遇する確率も上がります。

さらに、普段より強い水流に流されたり
足元をすくわれたりなとという事も
普段より多くなると思われます。

レインウェアをはじめ、しっかりと
した装備で悪天候の釣りに望まれるように
して下さい。

そして、けっして無理をせず、常に
撤退の事を頭の隅に置いたまま
釣りを行ってください。

怪我をしては元も子も有りません。
体さえ大丈夫な限り、又釣りは楽しめます。

くれぐれも無理のしない範囲で
天気の悪い日の釣りを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました