渓流ミノー ただ巻きアクションの持つ力

女の子のアングラー 渓流のルアーフィッシング
渓流ルアーただ巻きアクションの持つ力

昨今、渓流においてミノーを使った
フィッシングでは、必ずと言って
いいほどトゥイッチを入れるロッド
アクションをほとんどの人が行っています。

では、トゥイッチを入れないと
ミノーでイワナやヤマメは釣れないのか?
というと、そう言う事もないといえます。

アクションを入れないで自分の方に
近づいてきたミノーを回収間近の
ただ巻きの部分でヒット!という事を
経験しているアングラーも結構いる
はずです。

ミノー本来の持つ力と、アクションを
入れないことでの効果を考えたいと思います。

3年前の手首の腱鞘炎の経験

3年前手首を傷めてしまったことが
有りました。腱鞘炎です。(釣りが
原因ではないですよ)それでも、釣りには
行きたい。(笑)

でも、やっぱり今までやって来たように
ミノーにアクションを入れると「ズキッ」
とした痛みが手首に来るんです。

で、どうしたかというと。アクションを
一切入れないようにして、トレースライン
だけを考えて、ただ巻きで釣りを構成
するようにしました。

でも、これが釣れるんですよね。
しかも今までと同じくらいに。

むしろサイズがアップしている
ような気がしました。

そのシーズンを終えてみると、尺越えの
魚を釣った記録を塗り替えました。

とりわけ、でかいイワナに効くような
印象を持ちました。

動かす事によるデメリット

大きく育って他の魚より、警戒心が
強く気難しい魚には、ミノーの激しい
動きは「ヤバいもの」という認識を
持たれているのではないかという事
を僕は考えていました。

よくよく考えてみると自然界の中で
あんなに川の中で激しく泳ぐ生き物
って川ネズミくらいかなぁと。

中にはその激しい動きに闘争心が
沸き起こって、バイトに至る魚も
いるとは思いますが、中には
とても慎重に生きてきてそういう
反応を示さない個体もいるん
じゃないかなと思いました。

それはただ単に動きすぎるものへの
警戒心の他には、トゥイッチすることで
通るタナを外れることで起こる警戒心
かもしれないし、他の魚がその動きで
釣られているのを見ての学習行動かも
しれない。

大場所に潜むアイツにアピール

誰でも「此処は必ずいるでしょ」という
大場所で静まりかえって、何も釣れ
なかったという事があると思います。

そんな場所での経験で、手首を痛めた
3年前の別の釣行日に、なぜか数投で
止めず、しつこくキャストを繰り返し
ミノーを通すタナを細かく変えたり
通すレーンを変えたりしたことが
ありました。

もちろんすべてただ巻きです。

そこで、しっかり数えていなかったの
ですが、たぶん20回以上キャストした
と思います。

そのしつこく粘った結果、36センチの
大イワナを釣った経験があります。

多分クリアーな水では無く濁りが
入っていて立っている場所から
水中の様子はわからなかった
のですが、おそらくそのイワナは
ずっとその様子(ルアーの動き)を見て
いたんだと思います。

その中で徐々に怒りなのか
喰い気なのかが高まってきて
ついにバイトしたのだと。

テンカラ釣りをする知人が
「大場所はじっくり時間を掛けるよ」
と言っていた事をその時に思いだしました。

出来るだけアクションをかけないで
誘い続けることの効果。それに
反応する個体もいるのではないか?

ただ巻きのススメ

その後、手首が治った僕はどうして
釣っているかというと、ミノーの場合は
やはりトゥイッチ中心ではありますが、
(戻ったんかい)ポイントに応じて
しつこくただ巻きしてという作戦を
立てることもあります。

毎回必ずとはいきませんが、その
やり方で結果を出していることも
一回ではありません。

皆さんも一度こんな釣り方に
変えてみてどんな反応が出るのか
試してみませんか。今まで反応が
無かった大きな淵の主が掛かることが
あるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました