シーズン残りあとわずか

スレ掛かり 渓流のルアーフィッシング
ベイトフィネスでの初めてのアマゴ

シーズンの残りもあと僅か。婚姻色を
纏ったカッコいい秋鱒には出会えました
でしょうか?

僕はというと、今年は、9月に入ってからも、
なかなか時間が取れず、釣行に
行けていません。(汗)

せっかく、ベイトフィネスのタックルを
導入したものの、慣れないまま今シーズン
を終える事になりそうです。(泣)

そんな中、中旬に一回と下旬に一回
数時間の短い時間ですが、行って来た
時の釣行記を書きたいと思います。

9月中旬の地元河川の支流へ

とにかく釣りたい一心で、あまりメジャー
でない川へ。夕方の2時間位の釣行でした。

ですが、そこは9月ということも有り
平日だったのですが、あちらこちらに
釣り人のものと思われる車があります。

「やはり9月はキビシーなぁ」と思い
ながら、自分の目指して居た場所に
行くと、やっぱりそこにも先行者が!

あきらめて、さらに下って本流との
合流地点近くまで行き、そこから
スタートすることに。

結んだミノーはカレントクランの
50mmのヤマメカラーのシンキング。

いそいそと準備して川に立ち久しぶり
のファーストキャスト。

なかなか良い感じ。狙ったところとは
少しぶれていますが。なんとか無難に
スタート。と思いましたが、2投目で
やっぱりバックラッシュ。

超軽量のタックルでのリーリングの
感触は慣れてきて、ロッドの長さにも
あまり違和感を感じなくなってきましたが、

バックラッシュは結構な頻度で
出てきます。まあ、始めたばかりなので
しょうがないなと思いながらキャストを
重ねていくと、右岸からのフォアサイドキャスト
はかなり上手く行くようになってきました。

サミングによる、落下地点のコントロールも
できるようになり、これが決まると、実に
気持ち良い。

一方、川を渡って左岸に行ってからのバック
サイドキャストがひどい。ほぼ毎回糸を
ほどく作業をしている感じ。

本当に釣りをしている気にならないくらい。
何しにここに立っているの?みたいな。(笑)

なんか、この前の時より下手になってない?
いや、絶対下手になってる!

テイクバックのスピードが遅いのかな?
と思いもっと素早く後ろに振ってみることに。

すると、少しマシにはなりました。キャスト
に注意が集中するせいなのか、時々魚は
姿を見せてくれるものの、なかなか口を
使いません。やっぱり、連日釣り人に
攻められて、神経質になっているのでしょうか?

1時間ほど経った頃に、ようやく初めての魚が!
小さいながらもきれいなアマゴでした。

でも、残念なことにスレ掛かり。胸鰭の少し
下付近にリアフックが掛かっていました。

写真をそっと撮らせてもらって、慌てて
リリースしました。

でも、一匹は一匹、アマゴはアマゴです。
なんとか、このタックルに入魂完了しました。
(本音を言えば口に掛かって欲しかったっす)

結局、この後1時間あまり頑張りましたが、
釣果はこの一匹のみ。

キャストの方はというと上手く行く時と
行かない時とまちまち。糸をほどくのが
上達したかなという感じでした。

これで、バックラッシュがなくなってくると
手返しの数がスピニングのタックルより
増えて、今までより魚にアピールする回数も
増えてくるでしょう。

そんな希望を考えて帰途につきました。

9月下旬の釣行は?

これは先週の木曜日でした。やはり午後遅く
の釣行スタート。

前回とは違う家の近くの支流に向かいました。
ここは型は小さいのですが、数はそこそこ
釣れるポイントです。

この日も平日なのですが、人は多くて
厳しい釣りになる事が想像できます。

この日はイトウクラフトのBOWIEのワカサギ
カラーを結んでスタートしました。

やはりフォアサイドキャストは上手く行く
のですが、バックサイドキャストが失敗続き。

そこで試したのが右手のグリップ。ワンフィンガー
にしていたのをツーフィンガーに変更、さらに
人差し指をリールの側面に添えてみる。

これがフォロースルー時のロッドの安定に
繋がり良い感じに。

キャストは前回より上手く行くようになりは
したものの、この日は魚が姿を一向に見せて
くれません。

おそらく午前中に、さんざん叩かれた後だった
のでしょうか?

そこで大場所はあきらめて、見逃すような
本当に小さなスポットを見つけて探って
行きました。すると40×40cm位の小さな
落ち込みの下から飛び出したのがミノーより
少し大きいくらいのチビちゃん。

ちびアマゴ

でも、しっかりリアフックを銜えていました。

10センチくらいだったでしょうか。この子も
早めに撮影して、お帰りいただきました。

この後でルアーを重めのスピナー(HOBOスピナー)
に変えましたが、一回バラシで終わり。

この日もボウズは免れたものの、この一匹
のみ。この日の釣行も厳しいものになり
ました。

課題のキャストはというと、何とか前回よりは
キャスト回数は増えているような気がします。
(バックラッシュの回数の減少)

こんな感じで一進一退を繰り返しながら
上達につながっていけばいいのですが。

明日は渓流釣りの最終日。何とか時間を
見つけて行きたいです。

最後に

ベイトフィネスを始めて色々分かったことを
備忘録として、又は同じように始めたばっかりで
上手く行かない方(僕も含めて)に少しでもヒントに
なったらいいなと思い、以下に箇条に書いてみます。

1、結ぶルアーは重い目の方が扱いやすい。
(4g以上)

2、テイクバック?バックキャスト?ルアーの
重みをティップにのせるための後ろへ振る
スピードはある程度早い方がやりやすい。

3、最初だからキャスト練習と思って割り切ろう
としても、やっぱりそこは少しでも魚の反応が
得られる魚影の濃いポイントで釣りをした方が
楽しい。さらに自信にもなる。

4、自分が使っている短めのロッドより
もう少し長い目の(5フィート位)ほうがキャスト
が簡単になりそうな気がする。

5、スピナーが使いやすいのに気が付く。ただし
重い目のものが扱いやすい。

6、ワンフィンガ―よりツーフィンガーの方が
ロッドのブレを抑えて安定する気がする。
(手の大きい人はワンフィンガーの方がいいのかな)

自分が気づいた事なので、ほかの人には合わないことも
有ると思いますが、上記の事をダメもとで試してみるのも
イイかなと思います。

ダラダラと長文、最後までお読みいただきありがとう
ございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました