最後の最後にご褒美が♪

K川上流のニジマス 渓流のルアーフィッシング
脱渓点で釣れたニジマス

2日前の土曜日に行ってきました。諏訪東部漁協管内の

K川上流部です。実を言うと、ここの支流に行くつもりで

家を出て向かったのですが、あいにく先行者と思わしき

車が一台。(たぶん某メーカーのステッカーが貼られた

車なので、渓流ルアーマンだと思います)

なので小渓流に先行者では厳しいなと思い、場所を変更。

そこで、今まで行ったことがなかった区間での釣行

としました。

前回からのチビちゃん続き

この日は天気が良いものの風が強くキャストの難しい

日でした。水温は12度。条件は良さそうです。

トゲトゲの枝がある蔓系の木々をよけながら

何とか入渓。風が強いので、慣れていないベイト

フィネスタックルは難しいなと思い、久々の

スピニングタックルで臨む。

TENRYUのRAYZ56Lとツインパワーの

C2000HGS。

実は以前のブログでラインはナイロンを

薦める記事を書きながら、今回スプールには

PEラインを準備していました。

そして、最初にリーダーに結んだのは

バフェットS55の金黒。

スピニングタックルのキャストがひさしぶり

だった事もあり、ミスを連発。情けないほど

の数のミスを重ねてようやく1時間後ぐらい

にはフツーにできるようになりました。(汗)

その間、魚の反応は皆無。

これは今日も苦戦しそうだなと思いつつ釣り

上がるとちょっとしたプールに到着。

ここで以前反応が良かった小さなスプーンに

変更、ミノーの激しいアクションから静かな

スローな動きに。

すると前回よりさらに小さな10センチ強の

アマゴがヒット。小さいながらもヒレが

欠けていない、朱点のきれいな魚体に魅了

されました。

その後でさらに上流で同じようなポイントに

到着。ここでもやはり同じようなサイズの

アマゴをスプーンでゲット。

ちなみにスプーンは前回使ったスカジット

デザインズのPriスプーンのブルーピンク

シルバー、3.4g。

誘い方は同じく小さく上げてフォール、小さく

上げてフォールの繰り返し。その間ラインを

回収する位のゆっくりリーリング。

これが効きました。

同じポイントで今度はJBSスプーン(これもスカジッド

デザインズ)の赤パーマーク裏金2.8gで同じように

探ると今度は少しマシなサイズのアマゴがヒット。

マシとは言いながらもせいぜい15センチくらいの

かわいい魚です。

脱渓を予定していた、まさにその地点で

続けて魚を釣った喜びに浸る間もなく

すぐに沈黙が・・・。

めげずにキャストを繰り返すも、また反応が

無い時間が続く。

雰囲気のいい堰堤下やいかにも出そうな瀬

などが続きましたがいずれも無反応。

気が付けば最初に考えていた脱渓点の橋の下

に到着。橋の下には7,8メートルのひらきが

ありその上には白泡が続く瀬がみえます。

同じようにスプーンを通す・・・。・・・沈黙。

そんなことないだろうとミノーにチェンジ。

ゆっくり時間をかけてチョイスしたのはDコンタクト50

の赤金ヤマメ。これを先ほどよりほんの少し下のタナ

を流すと、橋の下の影でうまくは見えないのですが

結構な大きさの黒い魚影がユラッと出てきて4メートル

手前でUターン。(!)

一気に心拍数がUP!足元の小さな岩に気を付けて

静かに後退。岸に上がり、一旦ここは撤収。昔は

ここでなぜか慌てて、同じミノーを同じように

キャストして失敗という事を何度もやりました。

(なぜか慌てちゃうんですよね~)

こんな私ですが、少しは学習を重ねたので、

ちょっとは賢くなりました。(笑)

そうです、「場を休ませる」という事を実践。

スマホをとりだしニュースを見たり、メールを

チェックしたり。2,3分経ってから、さらに

ミノーをチェンジ。一転してチャートグリーンの

パーマークプリントのファットローチ50mm

に。(またまたスカジットデザインズ)

静かに橋の下の先程のポイントに近づきアップに

キャスト。同じくらいのタナをほとんどアクションを

付けずにドリフト(流れにまかせて流すだけ)

と、いきなりガッと手元にアタリが来た後に合わせると

2度グングンと頭を振るような動きが。落ち着いてさらに

追い合わせを一回いれる。4,5回巻いた後にジャンプを

する魚体に日光が当たりニジマスだとわかった。

竿先を下げて、繰り返すジャンプをしのいでやり取り

を愉しむ。ドキドキが止まらない。

そしてネットに入ったのはちょうど30センチジャストの

ニジマス。ヒレの欠けなどの全く無いきれいな雌。

おそらく下流の方で放たれた釣り大会用のニジマスが

育ったものと思われる。

流れの中でのニジマスのやり取りは本当に楽しいですよね

今シーズン初の尺越えの魚はニジマスでした。30ちょうど

なので厳密には尺未満ですが、まぁ、大目に見てください。

今回は前回と同じようなサイズのアマゴが続いたので

このまま終わるのかな~と考えつつ釣りつづけると

最後に思わずご褒美が。これだからやめられません。

廃盤のルアー

それにしても今売ってないルアーの使用が多いですね。

どうしても実績があるのでついつい選んでしまいます。

スカジットデザインズは2015年に解散したのですが

管理釣り場などを運営する株式会社ビッグホーンが復活

させてくれています。ルアーも出ているのですが、

ラインナップが少ないので、ちょっと残念ですね。

以前のシリーズをいつの日か復活させてほしいと

願うばかりです。

ちなみに買いだめして手持ちのルアーで

自分がよく使うのは

チップミノー

クイックミノー

MET’S

ダイビングビートル

Priスプーン

TEPPENスプーン

JBSスプーン

こうして書いてみると結構ありますね。

最近渓流のルアーフィッシングを始めた方で

昔ながらの田舎の小さな釣具店などでもし

スカジットデザインズのルアー見かけたら

一度購入して試してみてください。

どれも良いルアーです。

今回も最後まで駄文にお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました