渓流ルアーフィッシングで使うラインは何?

山奥の渓流 渓流のルアーフィッシング
どのラインを使うのか?

伸縮性のあるナイロンか?
伸縮性の無いPEか?

悩むのは伸縮性の問題だけではない
のですが。このどちらかで迷います。

ナイロンラインの特徴

  • 伸縮性あり
  • 紫外線に弱い。劣化が進むのが早い
  • 安価
  • 感度が鈍い
  • ある程度の張りがある
  • こすれにはある程度強い
  • リーダー不要、ルアーを直結できる
  • ルアー操作の際にタイムラグがある

PEラインの特徴

  • 伸縮性少ない
  • 劣化がナイロンに比べて遅い
  • 高価
  • 感度が高い
  • 柔らか、しなやか
  • こすれるとすぐ切れる
  • 引っ張り強度は強い
  • ルアー操作の際にタイムラグが無い

この2つの他にも海の釣りでは
メジャーなフロロ、エステル
などありますが、渓流では
主にこの2つが選択肢となる
ことが多いです。

今日の記事ではこの2つのラインの
どちらが渓流ルアーフィッシングに
向いているのか?という検証を
僕の経験からお話ししていこうと
思います。

伸びる、伸びない?

一番の違いは、まず伸びるのか
伸びないのか?

ここがポイントです。まず伸びる
事によるメリットはというと、

1、フッキングしやすい。
2、フッキングした後にバレにくい。

ただし、どちらも比較的という意味で。
必ずフッキングするとか、絶対にバレ
無いという意味ではないです。

渓流魚はくわえた後にすぐ違和感を
感じたら、すぐ零コンマ何秒の瞬間
でくわえたのを離します。その違和感
を感じるのがラインの伸びが無い事
による事が多い言われています。

さらにフッキングした後でラインが
伸びないことで衝撃や反動がおおきく
なるためにバレやすくなります。

渓流魚は掛かるとくねくね体を
よじることが多く、クルクル体を
回すこともあります。その際に
伸びの無いラインだとフックが
外れやすくなります。

ルアーを操作するときのダイレクトな感じ

のびないPEの場合、ロッドのアクションが
ダイレクトにルアーに伝わります。

キビキビとミノーをトゥイッチしたい
と考えている人は、理想のラインなのですが、
では、ナイロンのラインでトゥイッチは出来
ないのか?というとそんな事は有りません。
確かにダイレクトに動かないで、少し
アクションをつけた後にタイムラグが出て
動きます。(このタイムラグというのも
僅かです、PEラインと比べてというもの)

逆にこのキビキビ動くことが、ミノー
の激しい動きにスレている魚にとって
警戒感を抱かせることにもなります。

ある程度の遊びがあるナイロンラインの
動きの方が反応するシチュエーション
も有ります。

コスパはどうなのか?

確かに高価なPEラインですが、
耐久性はPEラインの方が上だと思います

中には何年もPEラインを巻いたまま
という人もいらっしゃいます。

そういう何年も巻いたままの使い方だと
最初は高くつきますが、かえって数年
使うことで1年当たりの単価が下がって
お得!というふうに考えることもできます。

ですが、肝心の大物がかかったときに
そのような使い方があだとなり、
傷んだラインの部分に運悪く
テンションが掛かってラインブレイク
になってしまうという事も。

ナイロンラインの劣化を考えてマメに
交換をしていたほうが、このような
時にも安心という考えもできます。

それらを考えると価格の差というのは
それほどないのかな?というふうにも
思えます。

柔らかさ、しなやかさは良いのか?

確かにしなやかで柔らかいPEラインは
飛距離が出ます。ただし渓流で短い
ロッドで釣りをするルアーフィッシング
で飛距離はメリットか?というと
狭い渓流ではナイロンラインでも十分
だと思えます。ただし本流域の大きな
川では飛距離のメリットはあると思います。

柔らかさがもたらすデメリットも有ります。
何かというと、ガイドに絡むことがあります。
何度か僕も経験があります。キャストの際に
絡んでしまいました。

引っ張り強度が強いのは

PEを使っていて良いと思うのが
根がかりしても引っ張ってルアーの回収が
可能なことがあること。(フックが伸びて
外れることが有る)ただしリーダーの
結束が弱いと、結合部で抜けてリーダーと
一緒にルアーも回収できないこと
もありました。

今はFGノットをしっかり結べるように
なったので、そんなことは無いのですが、
電車結びで結束していたときは、時々
抜けることがありました。(泣)

リーダーを結ぶのが邪魔くさくない?

上の記事でも書きましたが、PEラインの場合
こすれて切れることがあるので、ふつうは
PEラインの先にリーダーを結びます。

それが初心者にとって結構なハードル
になります。

ナイロンラインだとそのままルアーを
直結できるので簡単。

まとめ どちらがいいのか?

以上のことを考えてみた場合
僕の場合は渓流のルアーフィッシングは
ナイロンラインに分があるのではと
考えていて一時PEラインを使ったことが
あったり、本流の釣りではPEラインを
使うのですが、渓流では最近は
ずっとナイロンラインです。

とりわけ初心者で悩んでいる方には
ナイロンをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました