糸くず回収の為の愛用品←廃番らしいデス(泣)

糸くずの回収器 渓流のルアーフィッシング
「MONOMASTER」という製品です。

リーダーやラインにルアーを結んだ際にできる
ラインの端糸ってどうしています?

おそらく小さな袋か何かに入れて、それを
ポケットに入れてという事だと思います。

自分も渓流ルアーを始めたころはベストの
左上のポケットに全て放り込んでいました。

帰ったら、中の糸くずをとりだして
自宅のごみ箱に。というふうに。

もちろんこれでもいいのですが、
風の強い日は中の糸が出てきたリ
突っ込んだ指や手にひっついて来たり
などほんの少しですが、ストレスに感じる
ことがありました。

そこで調べてみると、フライのティペット
の端糸を回収する「MONOMASTER」なる道具が
あることを知り、釣具店のフライコーナー
で購入しました。(SANSUIの渋谷店だったと
思います)それ以降使い続けて10数年。

構造が単純でそんなに壊れるようなモノ
ではないので、未だ使い続けています。

アイキャッチ画像に載せたのが私物の
「MONOMASTER」です。この中にベルクロの
オスのテープが回転軸に張り付いていて
手前の指でつまめる部分をクルクル回すと
スリットに差し込んだ糸が中に回収される
という構造です。

何度かの釣行の後に気が付いたら巻き
取ったラインをハサミで切ってごみ箱に
捨てています。

自分が出す端糸は絶対に川や海に捨てたく
ないのと、釣り場で拾ったラインも少量で
あればここに回収しています。

釣りのラインはほぼ永久に分解されずに
自然に還ることは無いと思うので、小さな
事ですが大事なことだと思っています。

いつまでもきれいな環境で釣りを楽しみ
たいですよね。

それが、今日の記事を書こうと思って調べて
みたら、なんとこの商品「MONOMASTER」廃番
なんだとか。

上にも書いていますが、構造が簡単なので
そんな度々壊れるようなものではないので
一度欲しい人に行き渡るとあまり売れなく
なるのでしょうね。

しかも値段が確か¥1500位だったと思います。
(要は需要がどんどん減っていく商品なので
しょう)

すぐれものなんですがね~。(泣)

※1、第一精工さんの「ITOKUZUWINDER」
「糸くずワインダー」

※2、椿研究所さんの「ラインクルーラー」

次買うとしたらこれらのどちらかにしたい
のですが、値段が全然違います。

糸くずワインダーが338円

ラインクルーラーが2178円

何と6倍強!ですが、調べてみると糸くずワインダー
の方は短い糸クズは空回りして巻き取れないなど
欠点もあるようです。ある程度の長さがあると
問題ないようですが。

形状的にも構造的にも今使っている「MONOMASTER」
と同じようなのがラインクルーラーです。

巻き取りのスピードもこちらの方が早く、スムーズ
なのだとか。

安くてもイライラするのは嫌なのと、長く使えば
これくらいの値段ならばラインクルーラーを選ぶ
かなという感じです。

話しは変わって先月の30日。渓流シーズンの最終日
今年初めて行くことになった天竜川系の横川川。

天竜川の支流ですが、「徳本水」の汲みだし場の
近くからスタート。

結果は芳しくなく、前日の29日に相当叩かれたの
でしょうか。小さなリリースサイズのみ4匹の
釣果でした。

それに釣果としてカウントしていいのかどうか?
悩むのが今回の珍事。小さな堰堤の落ち込みに
Dコンタクト50を沈めて巻き始めた際に、ちょっと
した重みをロッドに感じた後、弱弱しい動きが。
「?????」おかしいと思いながら、引き寄せ
ると自分のDコンタクトにラインが絡まり、その
絡まったラインの先にDインサイトとそのDイン
サイトを咥えたオスの25センチほどのアマゴ。

ミノーを咥えたまま泳いでいたらしく、まだ
生きていました。

アマゴは流れの中に返して、ラインとミノーは
回収。前述の「MONOMASTER」に回収。Dインサイト
は自分のミノーワレットに回収。

ラインのついたルアーをひっかけて釣れてしまう
ことは度々ありますが、生きた魚がそのまま釣れた
のは、初めて。色んなことがあります。

このDインサイトに心当たりのある方お申し出
ください。返却しますヨ。

シーズン終盤に購入してもう少し慣れたかった
ベイトフィネスのタックル。これで少しのあいだ
使えないなぁと思っていましたが、このシマノ
のアルデバラン、実はソルトウォーターでの使用も
OKなので、海に行ったときに使ってみるものイイナ
と考えています。合わせるロッドは何にするか、
何が良いのか?アドバイスなどありましたら
教えてください。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました