渓流に入る際には必携、お手軽自作虫除けのスプレー

ミントスプレー 渓流のルアーフィッシング
おススメの虫除けスプレー

5月位から気温が上がってくると
厄介なのが虫。特に顔の周りで常に
ホバリングして隙あらば目に入ろう
とするヤツ。

手で払っても払っても付きまと
います。しかも顔の周りで飛び
回るので、たちが悪い。

メマトイといってハエの仲間です。
諸説ありますが、人間の涙の成分
の中にメスのフェロモンに似た
成分がある為、オスのメマトイ
が集まるのだとか。

これが実にうっとうしくて
常に顔の周りで飛び回り、一緒に
移動してきます。ただ吸血は
しませんので、刺されたり、触れた
部分が腫れたりなどはないです。

その点は安心ですが、何度も
言いますが、うっとうしいです。

そのメマトイの対策に市販の虫除け
スプレーや虫除けパットなどを
帽子や服に付けても、実はさほど
効果は無いのです。

で、何が良いのかというと
「はっかスプレー」これが効果的
です。しかし、市販のはっか
スプレーは、値段が高く、量も
少ないので経済的ではありません。

そこで、自作のもので何とか
出来ないかと考え、出来たのが
コレ。↓(超簡単です)

1、まず容器の選択として
100均のショップでプラスティック
製の7,8センチの小型のスプレー。
容量は大体50ml~70mⅼくらいのもの

2、薬局などで売っているはっか油

3、水道水とはっか油を混ぜて完成

超簡単、しかも経済的。

※1、はっか油と水の配分ですが、適当
です。ただし、はっか油はほんの少し
でOKです。

※2、水と油なので使う前にはよく
振って混ぜること。

※3、敏感肌の人には合わないことも
あるのでご注意を!かぶれる、腫れる
などの症状が出た場合は直ちに使用を
止めて、医師に相談してください。

当たり前ですが、顔に直接かけるのは
やめた方が良いと思います。(僕は
やっていますが)首や帽子のつば
肩辺り、むねに数回プシュっと
すれば2時間位は持続します。

ベストを着用したり、小さなバッグを
持って釣りをする人はかさばらず、
重くもなくて、携帯できるので、
便利です。

あとは、フリスク、ミンティアの
ミントのきついタイプはある程度
効果はあるみたいです。

口に含んで、寄ってくると、口を開けて
「は~っ」これでOK!

でも、ちょっと邪魔くさいですよね。
釣りに集中できないし。
万が一口に入ったら嫌だし。

最後に、ミントで効くなら
タイガーバームやメンソレータム
なんかも効きそうですね。

どなたか試してみてください。
(人まかせかい!)

自分の行く信州の渓流はまだ
ヒルがいないだけましかも
しれません。九州や西日本
などで山に入るとほぼヒルに
やられちゃうみたいですね。
こちらの対応策も今後研究しておきます。

最後まで駄文にお付き合いいただきまして
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました