渓流におけるマズメの考え方

ネットの中のアマゴ 渓流のルアーフィッシング
渓流におけるマズメの考え方

「マズメとは朝夕に訪れる
高活性の時間帯の事。日が
上がった直後は朝マズメ。
夕暮れの薄暗い時間帯は
夕マズメと言われる」

何故その時間帯に高活性に
なるのかといえば、まずは
単純に魚たちにとっても、
朝ごはん、晩ごはんの時間帯
だからと言われています。

イエイエ、マジな話ですよ。

それに加えて、薄暗い事による
警戒感が薄れることにも関わって
きます。外敵に狙われにくい時間帯
という考え方。

この二つが主な理由と考えられます。

フィッシュイーターにとって格好の食事タイム

ヤマメやイワナも大型化してくると
フィッシュイーターとなってきます。

そんな魚にとってエサとなる小魚が
活発に泳ぎ始めるのが朝と夕方の時間帯。

マズメの時間はフィッシュイーターの
エサとなる小魚(ワカサギ、小鮎、オイカワ
など)が活発に動き回る時間帯なので
その小魚を狙っている大型のフィッシュ
イーターのイワナやヤマメ達も同じように
食餌の為に高活性になります。

小型のイワナやヤマメもその時間には
虫の活動が増える時間帯なので、同じく
高活性になるのは必然です。

これらのフィッシュイーターは夜間も
小魚を捕食しているのですが、夜間は
日中に比べて視界が悪いので、効率よく
エサにありつけるこのマズメに活発に
なってくるのでしょう。

しかしながら、ヤマメにかんしては
夕方には水生昆虫を食していることが
多いので、イワナと比べると夕マズメの
優位性は多少劣るような気がします。

なので、夕方に関しては水生昆虫を
模した毛針を使う、テンカラやフライ
フィッシングに分があるようです。

放流した魚もマズメによく釣れるのか?

放流された魚(イワナ、ニジマス、ヤマメ)
も朝夕のマズメに釣れるのか?

結論は確かに釣れます。けれどそれは
警戒心の低下が招いて良く釣れるように
思われます。ペレットなどの人工飼育
された魚にとっては、天然の魚とは
また違う習性があるように思われます。

サクラマスはどうなのか?

鱒は鱒でも、小型のイワナやヤマメとは
違い、サクラマスはまた違うように
思われます。アユが活発に動き始める
時間帯の朝9時から10時までがサクラマスの
朝マズメのようです。

おなじトラウトでも狙う流域によってマズメの意味が違う

下流域・日中の水温の上昇が一番大きい
下流域は、低水温を好むトラウトでは
朝マズメが特に有効。オープンな場所は
すれやすいので、特に朝一番にポイントに
立つことが何よりも有効になります。

中流域・下流と同じようにオープンな
場所の中流域はスレるのは早くなります。
ですが、流れの規模が小さくなる事で
ストラクチャーが多いので、日中などの
時間帯でもその居ついている場所を
正確にキャストできると結果が
出ることが有ります。

上流、源流

狭い場所なので、先行者がいた場合
マズメに関係なく無反応のことが
あるかもしれません。
それと同時にストラクチャーや身を
隠す場所が結構あるので、丹念に
居場所を探しながら釣ることで
結果が出るかもしれません。

マズメの時間帯のルアーの攻め方

マズメの時間は活性の高い魚が結構
いるので、無防備に流れのいろんな
場所で泳いでいます。

なので、ポイントを全面使って
探る必要があります。

例えば、流れから開きになっている
ポイントでは、すべてのトレースコース
を試してみる価値があります。

そして、一定の場所でシェイクしたり
その場でとどめて動かすアクションに
効果があると思います。

さらにただ巻きでもよく泳いでくれる
ミノーも効果的だと思います。

最後にマズメの有効性は確かにあるが・・・

上流、源流に関しては、他の
オープンなエリアの続く下流
中流域に比べて特殊な環境にある
と考えられます。

なにが特殊かというと、魚が隠れる
場所が多いこと。

ということは、そんな場所で身を
隠している魚はきっちりキャストして
ルアーを見せてやれば、日中でも
釣れる事がかなり高い確率で
有るという事。

上流域に関しては、マズメの事よりも
そのちゃんとピンポイントにルアー
を送りこむことが出来る技術の方が
大切になる事も頭において
おくべきかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました