渓流で釣りをするときのマナー、ルールって

渓流の流れ 渓流のルアーフィッシング
渓流で釣りをするときのマナー&ルールって

清らかな水と豊かな自然、様々な生き物
にもちろん美しい渓流魚たち。

釣れなくても、その自然に包まれることで
気持ちがリフレッシュされていくのがわかります。

そんな渓流の釣りを楽しむために、皆が守って
いって、これから将来にわたっても楽しんでいける
ようになって欲しいので今日の記事では渓流釣りに
おけるマナー、ルールの事を書きたいと思います。

特にこれから始める方に読んでほしいのですが、
すでに釣りを始めている方にも、この記事を
機会にぜひご一考いただけたら幸いです。

先行者優先

渓流では基本は釣り上がりと言って
上流に向かって歩いていくのが暗黙の了解となって
います。ややこしいのですが、本流などの川幅の
大きなポイントは釣り下りが基本です。

渓流の釣りの場合、先行者が絶対に優先です。

例えば自分が行きたいと思っていたポイントの
近くに車が停めてあれば、そのさらに上流のところ
まで車で行って、すでに渓流に入って釣りをしている人
より先回りして釣りを始める。

こういう事が厳禁です。渓流の場合、誰も入っていない
川にその日初めて入るのは、とても有利です。

前日にその川で釣りをした人がいても、夜間のあいだ
時間を開けているので、川の状態がリセットされて
魚の警戒心も和らいでいることが多いです。

つまりよく釣れるのです。ですが、先に入った人を
優先に考えるので、この場合はある程度時間を空けて
から、その後を追いながら釣るというのがマナーです。

もしくは、別の川に移動するなどの方法も考えなくては
いけません。

さらに前に来ていた人が、まさに今から釣ろうと
している場面に出くわした時には挨拶をして、

「沢割り」と言って「この先の支流から釣らせて
もらって良いですか」というその方の許可をいただく
という方法もあります。

この場合はそのポイントの川の事を良く知っている
というのが前提となります。

分からない場合はその方にお話しして、聴いてみるのも
一つの方法だと思います。

地元の方の車の邪魔にならないように

駐車の際に「こんな山の中どうせ誰も来ないでしょ」
というのは間違っています。山の中で仕事をしている
方もいますし(林業など)山の中に畑を持ちの地元の
方もいらっしゃいます。

さらに工事の関係者の方もいらっしゃいます。
そんな方々の邪魔にならないように車の駐車場所の
選定も考えて行うようにして下さい。

細い道の場合が多いので、通行ができないような
停め方や畑や作物などをタイヤで轢いたりなど
間違っても行ってはいけません。

もし車を停めた場所に仕事をしている人がいる場合
には、やはり一言声を掛けて挨拶するのがいいと
思います。その際に「ここ、車停めても大丈夫
ですか?」と聞いておくと無駄な衝突を避けること
もできます。

小さな魚はリリースしましょう

これはマナーとも言えるし、ルールの範囲でも
有ります。漁協によってはきっちり何センチ以下
はリリースと明文化しているところもあります。

一般的に15センチ以下はリリースでOKだと思います。

渓流魚はブラックバスなどの魚に比べると、とても
繊細で小さいです。釣れた後に触る時にも、そのまま
手で触るのではなく、一旦川の水で手を冷やしてから
触るようにしましょう。魚にとって人間の体温(36度)
というのは物凄く高温になるそうです。そのままの手
で触られた魚は一時的に元気よくリリースできても、
時間が過ぎれば死に至ることもありますので、丁寧に
あつかってあげましょう。

バスアングラーがよくやる下顎を指でつかんで
持ち上げるというような持ち方は絶対にやめてください。
下手をするとあごの関節がつぶれることもあります。
そんな魚はリリースされても死んでしまいます。

もしリリースサイズでもフックが目に刺さった、
エラにフックが刺さったなど魚にダメージを
意図せず与えてしまった場合は持ち帰って
美味しく頂きましょう。小さくても美味しい
魚です。

キャッチ&イートで持ち帰る場合も家族や自分が
食るだけの匹数に自分で抑えましょう。

むだにとりすぎないことでその川の魚の量を
一定に保ちこれからも釣りを楽しめる環境を
作るのも釣り人のマナーだと思います。

ごみは必ず持ち帰りましょう

サッカーの代表の試合のサポーターは、自分が
持ち込んだごみだけでなく、ほかの人が残して
行ったごみの清掃までして帰りますよね。

世界の国からその事を取り上げられ、リスペクトされ
さらに同じようにするほかの国のサポーターまで
出てくるという、良いことの循環が出来始めています。

良い習慣を良い形で周りに影響を与える。とても
素晴らしいことだと思います。

釣りをする場所も同じように、皆が少しづつ
気を付けることで変わっていくといいなぁと思い
ます。出来れば自分の車の周りに落ちていたごみを
持ち帰る。車までに戻る途中に落ちていたごみを
持ち帰る。などなど・・・。

釣りをしていて悲しいのは、ルアーのパッケージ
がポイントに落ちているのを見つけたときです。

同じルアーフィッシングをしている人の捨てて
いったごみだと思うととても残念です。

しかもプラスティックは自然に還ることは永久に
有りません。いつまでもそこに残りつづけます。
もしくは流されて下流域やさらに海まで。

綺麗な環境でごみの無い渓流で釣りを
した方が気持ちが良いのに決まっているはず。

そのためにも、ごみは必ず持ち帰るように
しましょう。釣りに行く際の車にはぜひ、持ち
帰り用のごみ袋を入れておきましょう。

トイレ問題

自然のなかでも、もよおしてくるのはしょうが無い事
ですね。そんなときには流れのある所に用を
済ませるのではなく、流れから少し離れたところ
で済ませましょう。(もし自分が用を足した人の、
下流で釣っていたら嫌ですよね。)

大きい方はというと、これは出来るだけ
そのポイントにつく前にコンビニや公衆トイレ
などでできるだけ済ませておくのがベストですが、
緊急の場合という事も有ります。そんな時は人が
通ると思われる場所を避けて、済ませてしまい
ましょう。その際に使うテッシュはごみ袋に入れて
持ち帰るようにしましょう。これもマナーです。

渓流は漁協の管理のもとで釣りができる

日本のほとんどの河川はその地元の漁業協同組合が
管理して維持しています。もちろん天然魚だけで
釣れるようにはなりませんので、放流などの作業
を行っています。

「海では漁協に金なんか払わないぜ!川も一緒だろ
自然なんだからみんなのものだろ!」ということは
有りませんのでご注意を。場所によっては入漁料を
払っても禁漁区に指定されているエリアがあったり、
一部分だけキャッチ&リリース区間を設けている
川もあります。

今はネットで色んなことが調べられる便利な
世の中です。始めていく渓流は事前に調べて
必ず入漁料を払って釣りをしましょう。

これから通う予定の場合は年券を買う方がお得
なことがありますので、このチェックも欠かさず
行っておきましょう。

たいてい売っている場所は近くのコンビニに
置いていることが多いです。中には民家で扱って
いる事も有ります。目印として漁協のノボリが
立っていますので分かると思います。

入漁料のことはマナーでは無くてルールです。
必ず守りましょう。さらに券を購入の際によく
釣れる場所を教えてもらえることもあります。
その情報分もと考えればかなりお得な値段
だと思います。(1日遊べて約1000円~2000円
位でしょうか?漁協によると数百円の所もあります)

最後に

ごたごたと書きましたが、肝心なことは入漁料
を支払って券をもらうことと釣っている人の
上流に回り込まないという事。この2点だけは
最低でも守って欲しいです。

一部の漁協では釣り人のマナーが悪いせいで
一部のエリアを禁漁区に指定したりという事も
でてきています。

自分達で自分達の首を絞めないようにも
各々がマナーとルールを守ることで、これからも
楽しんでいけるようにしていきましょう。

こんなに素晴らしい趣味はないのですから!

今日も長文にお付き合いいただきまして
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました