ぶっちゃけ、どれを買えばイイの?渓流ルアーのミノー選び

秋のイワナ 渓流のルアーフィッシング
初心者の為のミノー選び

今回も初心者向けの記事です。

ミノーってどれも高いですよね。
あんなちっちゃいのが一個1000円から
2000円くらい。ハンドメイドのバルサ
のミノーなんかだと3000円から5000円
くらいまで。

で、それだけの値段の差が釣果に
繋がるのかといえば、ビミョーな感じ。

あつかう人によって、そのミノーの
個性や特徴をうまく引き出し結果に
結びついていることもあるでしょう。

でも、渓流のルアーフィッシングを
始めたばかりの人にとっては、その
扱いとか、性能を引き出したりという
事は難しいように思います。

さらに最初の頃は根掛かりして
ロストすることも、結構あります。
おろしたての高価なミノーを
ロストすると、本当にへこみます。

環境にも悪いですよね。

最初は比較的値段の安いミノーを
幾つか購入して、それを何度も
使うことで徐々に扱いに慣れていく
というやり方をとった方が、かえって
上達につながり、ひいては新たに
購入した違うミノーを使う
事も上手く行くのでは、という
ふうに僕は考えています。

じゃあ、その比較的手に入れやすい
値段のミノーって何なの?
ということですが、以下に独断で
いいと思うものを3種類紹介していきます。

全て自分が使ってみたものばかりです。
しかもあまり特殊なアクションなしでも
結果にコミットするミノーです。

ダイワ Drミノー50S

かなりワイドなウォブリング。良く動き
高いアピール力、トゥィッチしても復元力が
良く扱いやすい。ただ巻きの誘いでも
十分に魚を引き出してくれるという
すぐれもの。ウエイトが3gというもの
ちょうど初心者には扱いやすい重さだと
思います。ラインナップにはフローティング、
ファストシンキング、ジョイントなどが
有りますが、最初のDrミノーは50Sが
おススメです。僕も最初はこればっかり
でした。でも良く釣れます。

ラパラ CD3

何とバルサのミノーがこの値段で!
ウエイトは少し重めの4g、形状は
丸っこい可愛らしいフォルム。
最近のシュッとしたミノーとは
全然違う形状です。特徴はとにかく
ブリブリうごくアクション。
リップが丸っこくカップ形状に
なっているせいでしょうか?
ただ巻きで十分な動きを見せてくれます。
ただ固定のウエイトのせいなのか
丸い形状のせいなのか、飛距離は
イマイチです。ただ渓流でそんなに
飛距離は必要無い場面が多いと
思われますので、その欠点を補って
余りある動きが魅力のミノーです。

スピアヘッド RYUKI45S

横幅の薄い扁平形状と低重心が特徴。
アップキャストしてトゥィッチしても
元の姿勢にすぐに戻る安定性。自分の
ロッドで思うように動かせる気持ちよさ
流れの強い場面でも安定して泳ぎ切る
性能は初心者にもおススメ。キャスト
した時の姿勢の安定性も優れていて
ぶれずにポイントを狙うことが
可能です。45mmで4gのウエイトは
増水時の流れでも難なく泳ぎ切り
魚を誘ってくれます。

まずはこの3種類のミノーでカラー
を2種類程揃えて、実釣に臨むのが
いいです。カラーに関しては出来れば
アピールの高い派手目のものと
ナチュラルなカラーとの組み合わせ
でOKです。天気や、水の透明度などで
色々試してください。

この他にルアーはスピナー、スプーン
ジグ、バイブとそろえたいのですが
一気に購入すると結構な金額になるので
とりあえずは3g位のスプーン2個
(このカラーもアピール系とナチュラル
系の2種類)スピナー(これはシルバー
とゴールド)2個くらいケースに入れて
おけば十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました