近所の渓流にて

近所の渓流の岩魚 釣行記2020
何とか1匹釣れました

仕事前の早朝、近所の渓流に行ってきました。

改めて環境に恵まれているなと感じます。
信州の豊かな自然に感謝です。

諏訪東部漁協のエリアのこの渓流は
川幅が本当に狭い渓流で、大体4、5m
位です。

その分ポイントが絞られて釣りやすい
渓流です。

ここも去年の台風の大雨の傷跡が
所々残っていて、昔からするとかなり
渓相が変わったな~、と思われます。

深くなっている場所が少なくなり
このまま数年すると魚が住む場所が
無くなるのではと懸念されるほどです。

何とか残ってほしいものです。

ナイロンラインはどうだったのか?

前回の釣行から使っているナイロンライン
ですが、良い感じです。

ただ、すでに購入している8LBのライン
が気になっていて、しばらくしたら巻き
替えようと思っています。

大物に対応したいというよりも
8LBであれば根がかりしたりしても
トラウトのルアーについている細軸の
フックであれば、引っ張るとフックが
伸びて、ミノーを回収できるのでは?
というのと、バックラッシュからの復活が
少しは早くなるのでは?という期待からです。

もともとベイトリールは太い糸を巻く
のに向いているリールなので、8LB位
でもキャストは問題ないのでは?
と考えてもいます。

釣果はというと

さて、この日の釣果はというと、約2時間
かけて岩魚1匹のみ。

上の写真のものがその岩魚です。

TIMONのトリコロール55Sのホロアユカラー
(気が付けばジャッカルのブランドに
なっていました。このルアーは昔、鮭鱒という
メーカーの商品だった頃に購入していた
ものです。ですが、おそらく現行のものと
同じものだと思います。)

追いかけてくる個体は3匹ほどいましたが
手前でUターン。

ルアーを変えるなど、キャストの際、
立ち位置を変えるなどやってみましたが
獲ることは出来ませんでした。

最後と決めていたポイントで、小さいのを
バラして終了。

良い練習になりました。車に戻ると餌釣り師の
方に遭遇。今から入渓との事。

周辺の釣りの情報をいろいろ教えてもらいました。
天竜川漁協の南アルプス側は去年の雨の影響で、
どこも大きく崩れて釣りにならないとの事。

岐阜の高原川のほうも酷い状態でほとんど
釣りができないようです。

時期も時期なのであまり長話もしないよう
切り上げて「頑張ってください!」と見送りました。

ベテランのかなり上手そうな感じの方でした。
愛知のナンバーの車でした。

色々と行きたい釣り場があるのですが、どこも
去年の雨の影響が未だ響いているようですね。

出かける前に新しい情報を仕入れてから出掛ける
とか、近くの渓流の候補を幾つか調べたうえで
出掛けた方が良いみたいですね。(特に遠方から
お越しの方は)

では、また次回の釣行の際や新しい試みなどが
ありましたら、当ブログで発表したいと思います。

この度も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました