カワネズミを見たことがありますか?

山の中を流れる溪流 未分類
カワネズミって知っていますか?

今日は釣りとは少し離れた話を。
渓流にはいろんな動物との出会いも
あります。

最近多いのが鹿。時々「ピィ~」という
鳴き声を聞いたことがありませんか?

結構近くで聴くと、びっくりしたりします。

キツネやタヌキなど出会いもあったり。

珍しいところでは、カモシカ。
これは、鈍いのか鈍感なのか、スレていないのか。

全く逃げないです。こっちがちょっと
怖くなってくるくらい。(おとなしいのですが)

ちょっと怖いのがニホンザル。集団で
行動しているので、囲まれるとちょっとビビります。
(何度か経験あり)

最も怖いのがイノシシとツキノワグマ。
実はこれらも遭遇の経験あり。

両方ともこちらに気づいて、向こうの方から
逃げてくれました。(汗)

クマよけの鈴が効かないのは
「?????」

唐辛子スプレーの用意も必要だなと
思いつつ、未だ購入していません。

皆さんはお持ちでしょうか?

とりわけ珍しい小動物でカワネズミの
話しを少々。

先日の記事でも少し書きましたが、
カワネズミってご存知ですか?

「川鼠」と書きます。日本の渓流や源流に
生息していて、目は退化してほとんど見えない
みたいです。その代り嗅覚が発達していて

その嗅覚を頼りにイワナ、ヤマメ、アマゴ
などの渓流の魚。そしてサンショウウオ、
水生昆虫、エビなどを捕獲して生活している
小動物です。

モグラに感じが似ていますね。

北海道以外には生息しているようで
体長は約10センチくらいの小さな体です。

生息数が年々減少しているようで、
見ることが出来たらラッキーかも。

いや、釣り人の立場からすると
アンラッキーでしょうね。

とにかくこいつがいるとその辺りの
ポイントのイワナやヤマメは
隠れて姿を見せなくなります。

そう全然釣れなくなるんです。

僕は2回も目撃しました。
最初はそれが何なのか分からずに
帰ってから調べたら、カワネズミ
だという事が解り、初めて知りました。

その2回見たうちの一回は、
イワナをヒットしてとりこむまでの
やり取りしている最中で、そのイワナを
同じタイミングで狙っていたのかもしれません。

これは自分の体験ではないのですが、
渓流の流れの近くでそこそこ
大きな岩魚が頭の後ろの部分と
両方の眼玉が無くなった状態で
見つけたことがあるという話を
聞いたことがあります。

一番イワナの栄養分の高い場所を
選んで食したカワネズミの食べ残し
なのだとか。(ぜいたくヤネェ~)

あとは、フライフィッシングをする知人が
ライズを探していたら、何かもぐったり
上がってきたリを繰り返す動きをする
生き物を見たんだそうです。

これもカワネズミだったみたいです。

やっぱりそのポイントでは釣れなかったようで、
釣り人にとっては疫病神みたいなものですね。

ただし、尺越えの大イワナのお腹を
捌いたらカワネズミが出てきたという話も
きいたことがあります。

これはちょっと想像したくないですね。

僕は、その話を聞いてから大きいイワナは
リリースするようにしています。(笑)

皆さんもカワネズミにご注意を!

あと、おなかのやたら大きな尺越えの

イワナは要注意ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました