魚がスレる原因は釣り針に掛かった時の痛みを学習するから?

ニジマス 渓流のルアーフィッシング
魚がスレる原因は痛みを学習するから?

一度釣り針に掛かった魚は用心深くなり
その後、釣れにくくなる。ということは
釣り人すべてに知れ渡っていることです。

いわゆるスレた魚の事です。

その魚がスレるのは、針にかかった魚が
痛みを感じて「もうあんな痛い思いは嫌だ!」
というふうに思う、もしくは感じるからだ
という考えの人がいるそうです。

そもそも、魚は痛みを感じるのか

実は僕も一時、そういう風に考えていた時期
があります。(その時に少し釣りに対しての
罪悪感を感じたこともありました)

以下の本でその事に対しての明確な答えが
出ていましたので此処に引用させていただきます。

河村軍蔵著「魚の行動習性を利用する釣り入門」より

魚は傷みを感じる生き物だという考えを持つ
人たちの考えていることの根拠になっているのは
以下の事です。

『ヒトが痛みを感じる刺激に対して魚は逃げたり
異常な反応行動を示す。』

『ヒトに効果的な鎮痛剤(モルヒネ)の投与によって
有害刺激への魚の反応行動が弱められる』

『忌避的刺激によって魚の呼吸、心拍数、
血中コレチゾール(ストレスの指標物質)が変化する。』

『魚は有害刺激に応答する末梢神経、
脊髄神経、後脳部、脳皮質をもつ。』

『痛み刺激を感じて外傷を防ぐことは進化学的
に合理的である。』

以上の5つですが、これらすべてにおいて
反対の意見あり全て証明できるのだそうです。

『人が感じる痛みが元で、魚が逃げたり異常な
行動を起こすことが魚が痛みを感じていることの
照明にはならない。』

『鎮痛剤(モルヒネ)というものは魚を含む
冷血動物に効果が無い事は定説である』

『ストレスの反応を示すことが痛覚の存在を
照明することはできない。ストレスと痛みは
異なる』

『末梢神経が集中しているヒレの表皮下に濃密に
分布しているのに放流の標識でヒレの一部を切り
とっているのが何も魚に影響を与えていないのは
定説なのに、ヒトと同じ神経、脳を持つことと
は一致しない』

『痛み刺激を感じて外傷を防ぐことと、痛みを
感じているという事を証明することとは異なる』

さらに、アメリカのワイオミング大学の神経生理学者
のローズ教授の研究論文には以下のように書かれている。
(2002年)

『人中心的な考え方は動物を理解することの妨げになる』

『ヒトの痛覚を司る神経機構は良く知られているが、
魚はその神経機構を全く欠いていて、痛みを感じる
ことはできない。』

『魚は有害刺激(ヒトは痛みを感じる)に行動で
反応するが、これは痛覚の存在を証明するものではない。』

『魚は有害刺激に生理的ストレス反応を示すが、
ストレスと痛みは異なる。』

つまり、人間のように動物を理解することは
誤りなのだと。

磁気を感じる魚

では、何が原因で魚はスレるのかということですが、
同じく上の本の著者の河村軍蔵さんの考えではそれは、
釣り針の持つ磁気が原因なのでは?という事らしいです。

つまり市販の釣り針というのは実はけっこう強く磁化
されている。

魚というものはかなり高性能の磁気感覚を持っていて
地球磁場を感じることが出来るという事が知られて
いるそうです。

つまり小さな磁石のような釣り針を魚の体の中にある
磁気センサーが釣り針に掛かったの時の記憶と結び
ついて学習するということ。

しかもその磁気感覚器は鼻腔の中もしくはその周辺。
つまり釣り針が掛かる場所なので、それが記憶と
結びつくのもわかります。

かなり納得のできる話ですね。

ちなみに鹿児島の漁師は金と銀とパラジウムの合金
でできた釣り針を使うとか。鉄を含まないので魚の
磁気センサーにはかからないということでしょうか。

さらにパプアニューギニアでは骨で作った釣り針を
使っているそうで、これも骨の方が良く釣れるらしい。
骨も磁気センサーには反応しませんよね。

他に開高健の本で骨で作った針で魚を釣るシーンが
書かれていました。しかもエサ無しで!

良く釣れる釣り針がこれから売れる

今後、これらの磁気に関する話が知れ渡って
各釣り針メーカーが近いうちに磁気に反応しない
金属でできた釣り針が出来そうですね。

一度試してみたい気がします。

メッチャ釣れるんじゃない♪

最後にもう一度今回の記事の元になった
書籍の紹介をさせていただきます。

アングラーにとって、とても興味深い
内容となっています。

是非、一読して下さい。

河村軍蔵著「魚の行動習性を利用する釣り入門」

コメント

タイトルとURLをコピーしました